もっともっとワクワクの君へ

「わくわくして眠れなーい!!」って感じのもの  見つけたーい人の集まるブログ        ♡ふうたん&ももっち♡

ちっちゃーいねぇ

みなさーん

島っていいよね

なにが( ˘︹˘ )

何だろー(。・ω・。)

お題「捨てられないもの」
10年くらい前、羽田から🛩、空港バスで南九州の川内港へ そこからフェリーに乗って甑島へ渡った。

宿でおいしい刺身をたらふく食べた。o(* ̄▽ ̄*)ブ

f:id:hirochanna:20210308165606j:plain

釣りバカ日誌 ロケ地

次の朝起きると、海が荒れてフェリーは欠航とのこと。(#°Д°)

宿の親父が山の頂上の自衛隊の迎撃ミサイルの基地を見せてくれた。(⊙_⊙;)

朝ごはんの後、バスで島の周遊をすることに ( •̀ ω •́ )✧

バスに乗ると、運転手と二人だけだった。島の向こう側に行きたいというと妙に話が弾んだ。乗客は一人も乗ってこなかった。

山を越えて島の反対側に行くと昼食の時間でもあり運転手は、待合室で待っているという。

海に行って名物のナポレオン岩に挨拶 (。・∀・)ノ゙

f:id:hirochanna:20210308163149j:plain

ナポレオン岩 下甑

海は荒く、時折吹く突風の中、波しぶきがかかる。大きな波が来てさらわれたら、消えた観光客として迷惑をかけるだろうなと思った。人っ子一人いない壮大な海を前に、、、         ちっちゃな存在(>人<;)、、、さすがに寂しくなった時 携帯電話が鳴った。

ハイ 昨夜宿泊した宿の女将から 行く場所ないならもう一泊と様子伺いだった。 こんなところでも携帯が通じるのかと感心した。近くの小さな食堂で昼食後、バスに戻ると運転手がスタンバイしていた。単なる島の循環バスなのにまるで観光タクシーのよう。

年配の彼は、今日が最後のお務めと言う。退職して自給自足をするのだそうだ。手塩にかけた自分だけの米を作って暮らすのだという。「本当においしい米があるのだ」と熱っぽく語る姿に、エール いいねぇლ(╹◡╹ლ)

ちっちゃーいねぇ|もっともっとワクワクの君へ