もっともっとワクワクの君へ

「わくわくして眠れなーい!!」って感じのもの  見つけたーい人の集まるブログ        ♡ふうたん&ももっち♡

なにを信じたらいいってのぉー

みなさーん

ウォータースライダーってどぉ

ああ、子供のやつだろ φ(゜▽゜*)♪

いやぁー、こえぇーやつある ┗|`O′|┛

お題「リラックス法」

ここから飛び込めってぇー(#°Д°) いいかげんにしろぅ ばかやろう  

f:id:hirochanna:20210407220612j:plain

ウオータースライダー

23mの高さから見下ろすと着水面が見えないほど、体感はほぼ垂直な、60度の傾斜度で急降下していく直線コースのスライダー

https://www.nagashima-onsen.co.jp/spaland/index.html

f:id:hirochanna:20210407215753j:plain

ナガシマスパーランド『フリーフォール』」

むかしむかし、家族で夏に長島スパーランドにいった。暑い暑いと言いながら、プールに飛び込んで子供らとはしゃいでいた。

娘たちが、あれに乗りたいと指さしたのが、大きなウオータースライダーだ。長い滑り台だと思い喜んで、よし乗ろうと一緒に階段を上り始めた。途中で分れていて私はこっちという、お父さんはあっち ということで、娘らと別れて、成り行きで一番高いところまで上ることになった。

乗り口で、介助のスタッフから少し説明を受けて、前に乗り出して下を見た。唖然とした。せり出した滑り台が途中までしか見えず、下は見えない、ただ流れている水が滝のように真逆さまに落ちているようだ。まるで、死刑を宣告されたような気分になった。下から見ると大したことないように見えたのに、、、引き返そうと思ったが、子供らの手前やせ我慢することにした。頭では、安全なんだと信じているのだが、体が拒否する。

介助スタッフが少し肩を押すようにしたので、観念して滑り始めた。しばらくは背中が滑り台に接触した感触はなかった、浮遊していた。あっとゆう間に落ちていき着地水面に投げ出された。

さすがに、怖かったとみんなに白状したが、娘たちも怖かったようだった。

これまでいろいろな絶叫マシンには乗ったが、この時ほど怖かったことはなかった。もっとも、スカイダイビングやバンジージャンプは挑戦する気にもなれませんが、、、

なにを信じたらいいってのぉー|もっともっとワクワクの君へ